ブランド品と質屋

質屋は色々ありますが、ブランド品を主力に扱っている業者というのは非常に多いようです。

例えば、バッグであれば、シャネル・エルメス・グッチ・ルイヴィトン・コーチ・クリスチャンディオール…など様々なブランドが、それこそ様々なサイズや用途のバッグを販売しています。

ブランド品というのは、基本的に高価なものが多く、取扱いの単価が高くなるために、質屋では非常に好まれます。

また、本当に良いものであれば、価値が下がることも少なく、質草としては優秀な分類にあると言えます。

これが家電ですと、どうしても流行り廃りがあり、型落ちなどもありますので、価値を維持することが困難です。

もちろんブランド品でも型落ちや古い型の場合は価値が下がるときもありますが、限定生産のブランド品の場合、逆に価値が高まることすらあります。

こうした背景から、多くの質屋では、ブランド品の質入れ・買い取りを積極的に行い、また宣伝しています。

ただ、メリットばかりではなく、デメリットもあります。

それは最近、市場に溢れるほど出回っている偽物の存在です。

百戦錬磨の質屋の鑑定人でも騙されることがあるという巧妙なものまで出回っており、警察も注意喚起を促しています。

Comments are disabled