衣類や着物と質屋

着物やブランドの洋服などの衣類は、質屋ではメジャーな質草です。

しかし、その査定金額は大変厳しいことでも有名です。

なぜならば、衣類というのは大変痛みやすく、一度袖を通したり、洗濯でもしようものなら、それはもはや古着となってしまうからです。

そうなれば価値は1/10以下になることも珍しいことではありません。

また、洋服は特に流行に左右されやすく、価値の変動が激しいとされています。

ですから、買った時は数十万円でも、査定金額は数千円…なんていうことも充分あり得るのです。

では、着物はどうでしょうか?よく、昔ながらの質屋に行くと、質草として着物が飾られていることがありました。

着物は、衣類としては痛みにくいほうで、流行とは関係ありません。

購入時も価格の高いものがありますので、質草としては良さそうですが、最近の質屋ではあまり喜ばれません。

その理由は、保管の大変さです。

買い取りや質草で市場に流すまでに時間がかかりますので、それまで質屋内での場所の確保と管理自体が非常に大変なのです。

また、なかなか買い手がつかないということも敬遠される理由のひとつです。

そのため、手軽な宝石やバッグなどが好まれるというわけです。

Comments are disabled