家電と質屋

家電というのは、往々にして購入時の価格が高く、質屋に持って行った際、高額の査定を期待される人も多いと思います。

しかし、それは大きな間違いです。

壊れやすく修理が必要で、体積が大きく保管に場所を取り、型落ちも早く、それにも関わらず実はあまり値段の高くない家電は、最近の質屋では好まれません。

確かに非常に高価な家電や精密機械もあります。

分かりやすい例でいえば、パソコンなどは高価な質草かもしれません。

確かに一昔前は、パソコンは非常に高価で、高額な査定をされたこともありました。

しかし、時代の流れと共に、今や数万円程度でパソコンを手に入れることができます。

また、型落ち品ともなれば、数千円でも買い手のつかない製品もあります。

そのため、精密家電は高額な査定がされないどころか、質屋で質入れ自体を断られるということもあるのです。

小型で精密機器であるパソコンですらそうですから、他の家電製品も同様です。

例え未開封、未使用であっても、流行遅れの家電は、高額な査定を望むことは困難です。

ただし、限定生産や記念モデルなどのレアな家電は、家電そのものよりも限定・記念という部分で高額な査定をされることもありますので、そうした物は質屋に持っていく価値はありそうです。

Comments are disabled